*

世にも恐ろしい物語です~家事代行ブログ








ホームページはこちら→ 
https://assist-kd.com/










ケータイはこちら→ 

http://aichi.zimotylife.mobi/k_default.asp?UID=assist

名古屋・東京・埼玉の家事代行アシスト
掃除・洗濯・買い物・料理・高齢者のお世話・子守など家政婦代行



お疲れ様です  OGGです
くろちゃん、昨日初めて一緒に寝かせてみました
眠りに落ちる寸前のくろちゃんです

ところが・・・
明け方の4時くらいでしょうか
「うにゃあ~ うにゃあ~
の鳴き声で目が覚めて
少しの間ほっといたのですがあちこちうろうろと歩き始め
くろちゃんと目が合い、おでこや顔を私の顔にこすり付けてきて
まあ~そこは可愛かったのですが
寂しいのか、遊んでほしいのか
遊んでやるったってこっちはおねむなので
またすこしほっとくと
どうやら外に出たがっているようでした

ベランダの窓の所に連れて行くと、外の方を凝視しています
よく一緒にいる「まるちゃん」を探してるのかな と思い、窓を開けると出て行き
少しきょろきょろしいましたが、走り去っていきました
まだまだ完全に家の中は難しいようです
また今日会えると思います

さて、表題ですが、こんなニュースが有りました

「NYフィルの演奏中に携帯の着信音、指揮者が演奏中断」

いやあ~恐ろしいですね~

しかかも、マーラーの交響曲第9番、終盤の非常に静寂の箇所だということで

「マラ9」を聴いたことが無い人にはさっぱりわからないでしょうが私は大体どこの部分かわかります

なので、ほかの聴衆、指揮者も含めた演奏者たちの怒りやいかばかりか

クラシックや、小編成のジャズなどでは、携帯着信音が鳴ると一発でわかるし、台無しなになってしまいますからね

クラシックでも、金管バンバン、大太鼓やシンバルガシャガシャどっすんの場面ならまだいいでしょうが、例えばストラヴィンスキーの「春の祭典」のクライマックス場面とか

なんでも、「やらかした」本人もマナーモードにしてあったため自分だとは思わず、家に帰って、自分のスマホの目覚ましアラーム音だったことに気が付いたらしく

2日ほど眠れない日が続き、指揮者に電話で謝罪したそうです

私も昨年ですが、クラシックのコンサートに行ったときはだいぶ気を使いました

マナーモードにしても、地震救急速報は鳴るため 完全オフにするのですが
19時以降とはいえその間もお客様やスタッフから電話が入ってきているとまずいので 

間の休憩で一度オンにして確認したりしたものでした

会場によっては、電波を遮断しているところもあるそうですが、目覚ましアラーム音には対処できませんので

やはり完全電源オフ、これしかないように思いますが、現代社会では確かに不便な感じがしますね

 


                        ランキング参加中です
                        「ぽち」っとお願いします

                        
にほんブログ村 家族ブログ 家事代行・家政婦へ


                         
にほんブログ村

BlogRanking参加中です!!


 - ブログ