愛知県名古屋市、東京都、さいたま市、京都市で家事代行・家政婦や料理代行や高齢者支援なら家事代行アシストにお任せください

家事代行(掃除・料理など家政婦代行・お手伝いさん)ブログ~生センマイが食べられないなんて・・・・




名古屋・東京・埼玉・神奈川の家事代行アシスト


名古屋052-732-6906,関東03-3375-7383
掃除・洗濯・買い物・料理・高齢者のお世話・子守など家政婦代・お手伝いさん
掃除はホテル仕上がり


お疲れ様です

生ユッケ問題はますます白熱化していますが・・

お亡くなりになられた方々とそのご家族には謹んでご哀悼申し上げます。

ここでは事件の是非は書きませんが・・・・

さてその余波で、当面焼き肉店で生肉(という表現は適当ではなく、生肉を使用して調理したメニュー。結果として肉に火が通っていないもの、というべきでしょう。)は食べられそうもありません

生ユッケはそもそも食べたこともないのですが、シンゾー刺身や生センマイは大好きで

そう、特に生センマイが問題です

名古屋人にとって「生センマイ」は焼肉屋のメニューとしてはなくてはならないもので

うちの高一と中二の息子ですら、焼肉屋に行くと必ず生センマイを注文するほどです

私の知る限り、名古屋人のみならず瀬戸人(最初の会社が瀬戸だったので)が焼肉屋に入り「生センマイがない」と知ると暴動になるほどです

というのは大袈裟ですが

もっとも、今回のいろいろな背景から思うに、お店が生系のメニューを出さなくなるのは仕方のないことで

たぶん厚労省が新しい基準を作らない限り我々が生センマイを口にすることは難しいでしょう

ちなみに・・・

ニュースではこの生肉の件について「厚労省の基準」としか書かれていませんが・・・

「基準」とは何でしょうか

食品衛生法  すなわち「法律」

省令  通達  通知 

どれか、によって法令の成立(改定)過程が違いますからね。

そこまでの話はどうでもいいという声も聞こえそうですが

どうしても気になってしまうのです

あ~早く食べたいな、生センマイ


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ブログ