*

日本航空の会社更生法適用



JALがこうなるとは、ほんの数年前までは予測もつきませんでした。 

少なくとも株価の推移を見ても陰りを見せ始めたのは2年前です。 

それも今から思えば、でしょう。 2006年の半ばに一度急落はしていますが、これは確か公募増資問題の影響で、その後持ち直し、急騰もしています。 

もちろん、御巣鷹山の墜落事故以来経営は厳しかったのでしょうが、まさか「メガキャリア」のJALが会社更生法にまでなるとは・・・・ ということでした。 

もちろん御巣鷹山だけが債務超過の原因とは決めつけられませんが、やはり「安心安全」を提供してなんぼの航空会社にとって大打撃だったのは間違いなく、我々家事代行サービス業としても対岸の火事と済ましてはいけない、と感じました。


 - ニュース