愛知県名古屋市、東京都、さいたま市、京都市で家事代行・家政婦や料理代行や高齢者支援なら家事代行アシストにお任せください

ラジオ聞こえにくいマンション、高さより構造が原因?

水曜日の記事ですが、興味深いのでご紹介します。


www.asahi.com/housing/news/OSK200912080085.html

要は高層マンションの住人からの「ラジオが聞きにくい」という苦情を元に「高さが影響しているのでは」という推論の元調査したところ、鉄筋コンクリートであるがゆえに障害が発生してるのではと、これまた推論ではあるが結ばれているます。

鉄筋コンクリートが電波を通しにくいというのはBCLをやるものなら常識として知っていますが、興味深いのは「高さが影響しているのでは」のくだりです。

記事には書かれていませんが、このマンションは54階建ての高層マンションであるところから「高いがゆえに電波が届かないのでは」という仮説を立てたのかな?ともとれます。

BCLをやるものはむしろ「高いところなら電波が届きやすい」と考えてしまうのですけどね。もっとも短波は電離層の反射で電波が伝わりますが、AMすなわち中波は(少なくとも国内の通常のAMは地表波を利用しますから、まったく当てはずれな話ではないです。

もともと私の趣味であるBCL関連で見つけた記事ではありますが、AMラジオというのは災害時の大事な情報源として大変重要です。

マンションの構造ということになると難しい問題でまたPLC問題とは別ですが、やはり「電波」は目に見えないものであるため、障害が発生しても軽視されてしまうのでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ニュース