愛知県名古屋市の家事代行アシスト/家政婦さん達が気持ちを込めて家事代行しています。

*

面接のドタキャン、再び


もう何回か書いているテーマで、わたしもドタキャンは慣れました。

ドタキャンは「あるもの」として考えています。

ビジネス的には「ドタキャンを防ぐには」みたいなQCサークル手法で対策・歯止めを打つべきなのでしょうが、まあ応募者の性格や考え方の根本的な部分ですからね。

で、もうびっくりしなくなったそのドタキャンですが、今日あったドタキャンはいかがなものかと思いました。

約束の10分前に電話があって場所の確認があったのですね。

で、場所は分かったみたいなのですが、待ってても来ない。

もう一度電話すると、もう電話にも出ず、留守番です。

家事代行業は、事務所では電話対応や事務作業しかないので、また、立ち上げたばかりということもあり経費節約の意味でマンションの一室を事務所にしているのです。

とはいっても住居兼用ではなくて、あくまで事務所専用なのです。

大方、事務所が立派でないので入らずにとんぼがえりしたのでしょうが・・・

思えば失礼な話ですよね。

まあこういう方は採用するとお客様にご迷惑をおかけする確率が高いので、こちらからお断りですが。

とぢらにしてもヘコむ話してはあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ブログ