*

新型インフルエンザが経済界に与える影響


お疲れ様です。

仕事も順調に推移し、現在はほぼ毎日ご依頼やお問い合わせの電話が入るようになりました。

まことにありがたいことだと思っています。

さて、新型インフルエンザがいよいよ身近に迫ってきたように思います。

ちょっと前までは対岸の岸のような感じでしたが・・・・これでは危機管理なしでダメなんですけどね。

家事代行サービス業界も直接影響を受け得る業界だと思います。

B to Cのビジネスですから、顧客と思い切り接触します。

当社はスタッフの健康管理や予防措置をしっかりとっていますが、リスクとしては

①スタッフ~お客様間で感染する

②お客様もしくは身内の方が感染してサービスの提供ができない

③スタッフもしくは身内の方が感染してサービスが提供できない(代わりのスタッフを向かわせますが)

④スタッフや身内が感染しなくてもお子さんの学校が学級閉鎖になり(主婦のスタッフが多いので)サービスにいけず、代わりのスタッフを確保しなければならない

等々、まだまだリスクはあると思います。

インフルエンザは咳等を媒体として空気感染しますのでマスク着用やうがいの励行も大切ですが、ウイルスが付着したトイレのノブに手を触れ、そのままおにぎりやお菓子を食することで感染することもありますので手洗い消毒も欠かせません。

更には服にも付着したりするそうですから、まめな着替えも必要となるわけですが、外出先でいちいち着替えをすることは困難なので現実的ではありません。

何でもお医者さんや看護士さんが感染しないのは、服にウイルスが付着することを知っているので、まめに着替えや消毒をしているからだと聞きました。

ウイルスを除去する空気清浄機もあると聞きましたが、お客様宅全てにあるわけではないのでこれまた困難です。

ですからとりあえずできることはやはり①うがいの励行②手洗い消毒③人ごみのあるところではマスク着用 を忘れずに行うことですね。


 - ブログ