*

吉本興業のMBO




少し前の記事で、吉本がMBOすると載っていました。


MBOとは何かといいますと、上場している企業が市場に散らばっている株を集めて買い取り、経営陣だけで株式を所有し、結果、株主は会社の人間だけになり、非上場企業になるというものです。


なぜそんなことするの?ということですが、上場企業は一般投資家から投資を受けて、資金調達が比較的容易である一方、株主の権利を行使されて会社経営に口を挟まれる、手っ取り早く言うと「ウザい」わけです。


更に上場企業は内部統制報告の義務付、四半期ごとの決算報告、証券代行への手数料(株主が多くなるわけですから)、社外取締役設置の義務付け(予定)等など公開会社であるための維持費用が半端じゃないわけです。管理部門の人員の負担も大きいです。


そして何よりも、常に敵対的買収の脅威にさらされています。


そもそも上場する理由というのは①資金調達のため②創業者利益を得るため③会社の社長が連帯保証人から外れるため④会社の信用力アップ⑤従業員のモチベーションアップ 等々です。


実は本音は③の会社の社長が連帯保証人から外れるため、というのが一番多いみたいです。


しかし近年、上場会社がばたばたと倒産、倒産しないまでも上場廃止や、東証一部から二部への指定換等が増えて、上場会社だから良い会社という図式が崩れてしまいました。


そこへ来て、吉本はいろいろな不祥事があり、直近の定時総会でも「かなりうっとうしい質問」が頻出したのでしょう。


それだけでなく、マスコミにたたかれやすい業種と容易に想像できますから、何かあった場合に株主総会を乗り切れないかもしれないというリスクを考慮して、MBOに踏み切ったのでしょう。


また吉本がそうという訳ではないですけど、上場廃止を食らう前に自らMBOするという企業もあるのではないでしょうか。もっともMBOは金融機関や証券会社の協力なしにはなしえないので、「倒産寸前」の会社はそもそもMBO無理でしょうけど。


そもそも「会社は誰のもの。株主のもの」ということ自体がすでに時代遅れ、一橋大学の伊丹教授が提唱した「人本主義」にそろそろ会社経営者も気づいたのでしょう、MBOする企業はこれからも増えそうですね。


 - ブログ