*

ガラスは意外と汚れています

窓同様、ガラスが綺麗だと、気分が上がります!

 

 

窓拭きの際にもご説明いたしましたが、スプレー容器に入った洗剤をガラスに直接、拭きかけないことがポイントとなります。

スプレー容器に入った洗剤を直接ガラスに噴射してしまうと、液ダレをした洗剤がそのまま筋になったり、綺麗に拭ききれない洗剤が丸く跡に残ってしまうことがあります。

ですので、直接洗剤を噴射せずに、ウエスに洗剤をかけてガラスを拭くことがコツとなります。

室内のガラスについてはその作業で充分綺麗になりますが、窓ガラスの場合には、排気ガス、土ぼこり、窓を開閉する際の手あかの汚れもあり簡単に綺麗にならない時もあります。

その場合は、お水を入れたバケツに洗剤を入れて、ウエスを浸して軽く絞り、窓ガラス全体を濡らすようにします。

その後、乾いたウエス等で隅から隅まで、上から拭き取るようにしていくと、とても綺麗になります。

また、ウエスの代わりに、ホームセンター等で販売されているスクイージーを利用すると簡単で綺麗に仕上がります。

 

次に、ガラス拭きを綺麗に仕上げるコツは古新聞を使うことです。

なぜ新聞でガラス拭きをするといいのかと申しますと、新聞のインク油の成分が、汚れを分解して吸収してくれて、さらにツヤまで出してくれるので、ピッカピカに仕上がります。

手順としましては、古新聞を丸めて濡らし、ウエスの時と同じ要領でガラス拭きをします。

仕上げに乾いた新聞で拭くと、さらに綺麗になります。

 

最近は、電子版で新聞を読まれる方が多くなっており、自宅に新聞があるという方は少ないかもしれませんが、一度、古新聞を使ってガラス拭きをしてみてください。

小さなお子様がいらっしゃる家庭は、目を離したすきに洗剤をいじってしまったり、洗剤が目に入ってしまったり、手が荒れるということもないので、お子様と一緒に窓拭きをするのも楽しいかもしれません。

拭く前は、新聞を丸めるだけですし、拭き終わった新聞はそのまま捨てるだけですので、供たちも遊び感覚で、楽しみながらお手伝いをしてくれるのではないでしょうか。

 

そして最後なりますが、ガラスの拭き掃除はいつやるのが一番効果的なのかご存知でしょうか?

晴れている方が、気分が良いので、適しているとお思いかもしれませんが、実は雨や曇りの日の方が効果的なのです。

雨や曇りの日は湿度が高いので、ガラスに付着した汚れが浮き立ってくるため、汚れが落としやすいと言われています。

また、晴れた日にガラスの拭き掃除をすると、窓ガラスにつけた洗剤をうまく拭き取れないうちに、乾燥してしまい、跡に残ってなかなか取れなくなってしまう時もあります。

曇りがちな日が続くこれからの季節、ガラス拭きにいい時期といえますね。


 - コラム