【メガネは曇っていませんか?】メガネとメガネ拭きのお手入れ方法

【メガネは曇っていませんか?】メガネとメガネ拭きのお手入れ方法

 

毎日使っているメガネ、曇っていませんか?

よーくメガネを見てみると

まつげ、涙、皮脂、ホコリ、花粉、汗によって

手で触れていなくても、フレームやレンズに多くの汚れが付いています。

 

毎日使うメガネなので、どうしても汚れがついてしまうのですが

ホコリや汚れがついたまま、いきなりメガネ拭きやティッシュで拭いてしまうと

メガネに傷がついてしまいます。

 

そこで、今回はメガネを傷つけずに汚れやほこりを簡単に落とす

メガネのお手入れ方法とメガネ拭きのお手入れ方法をご紹介します。

 

メガネのお手入れ方法

 

メガネは小まめにお手入れをしていると綺麗な状態を保つことができます。

自分で簡単に出来るメガネのお手入れ方法は

お水で洗う方法と中性洗剤で洗う方法と2つあります。

どちらもいつでも簡単に出来る方法ですのでこまめにメガネのお手入れをして

綺麗な状態をキープしておくと長く使えて良いですね。

 

メガネをお水で洗う方法

 

毎日のお手入れとして、一日中はめていて汚れがついているメガネを

お水で汚れを洗い流して、綺麗な布巾やティッシュなどの柔らかい素材の物で乾拭きをします。

お水で洗うだけなので出先などでも簡単に出来ますね。

 

レンズの表面には反射防止コートなど色々な被膜がついていて

お湯で洗うとレンズにダメージを与えてしまう事があるので

お湯ではなくてお水で洗うようにしましょう。

 

メガネを中性洗剤で洗う方法

 

週1回くらいは、皮脂の汚れなど水洗いだけでは落としきれない汚れを

中性洗剤を使って綺麗に落とすと良いですね。

洗い方は簡単で

中性洗剤をお水で10倍くらいに薄めて、薄めた洗剤でメガネを洗って

お水で洗剤をよく濯いで、柔らかい素材の物で乾拭きをしたら

「あれっ?レンズが入っていない?」って言う程綺麗になり

見晴らしが良くなります。

 

洗剤で洗うと言っても、お掃除用のアルカリ性の洗剤や酸性洗剤で洗うと

レンズのコーティングが剥がれてレンズが傷んでしまうので

必ず中性洗剤を使用しましょう。

 

 

メガネを洗ってメガネ拭き等を使ってメガネを拭いたら

メガネ拭きにもホコリやまつげや皮脂などがついたままになるので

小まめにメガネ拭きもお手入れをしましょう。

 

メガネ拭きのお手入れ方法

 

目次
1. メガネ拭きはなぜ洗った方が良いのか
2. 洗濯方法
・洗濯機の場合
・手洗いの場合
・乾かし方

3. 洗濯をしなくてもいいお役立ちアイテム

4.まとめ

 

メガネ拭きはなぜ洗った方が良いのか

 

メガネに皮脂や化粧など、様々な汚れが付着します。

そんな汚れをきれいに拭う為のアイテムなのですから、当然メガネ拭きにも汚れが溜まっていきます。

汚れたままのメガネ拭きでレンズを拭くと汚れが広がったり

レンズを傷つける原因となってしまう事も…。
使う頻度によって、1か月に1回や、1週間に1回など定期的に

メガネ拭きをお洗濯することをおすすめします。

お洗濯の方法は2通りあるので、お好きな方で試してみてください。

 

洗濯機の場合

 

メガネ拭きは洗濯機で洗っても問題はありません。
まず、他の洗濯もののホコリや繊維がつくのを防ぐ為にも

メガネ拭きを洗濯ネットに入れます。

中性洗剤やおしゃれ着用洗剤を入れます。
漂白剤や柔軟剤などは、繊維を傷つけてしまうので使わないようにしましょう。

粉末洗剤は、メガネ拭きの汚れの吸着を弱める可能性があるので使わない方が良いです。

乾燥機にかけるのも繊維を傷つける原因になります。

 

手洗いの場合

 

水で洗うよりもお湯で洗った方が皮脂などの汚れがよく落ちるので

40℃前後のお湯に中性洗剤を溶かして、優しくもみ洗いをします。

強めに擦ってしまうと繊維が壊れてしまうので注意しましょう。

また、汚れが落ちにくい場合はしばらくつけ置きをしてから洗うと吉です。
洗剤が残らないように、3~5回ほどすすいだら終了です。

最低でも3回は必ずすすぐようにしましょう。

 

乾かし方

 

メガネ拭きの素材として使用されているマイクロファイバーは繊細な素材なので、
直射日光や紫外線が当たると生地が劣化したり、傷んでしまいます。
ですので、ゴミやホコリが付着するのを防ぐためにも、室内で干すことをおすすめします。
また、マイクロファイバーは汚れを吸着しやすい分、汚れが溜まってしまいやすい素材なので

こまめなお手入れが必要なのです。

 

洗濯をしなくてもいいお役立ちアイテム

 

 

洗濯をする暇がない。という方は使い捨てのクリーナーがドラッグストアやコンビニで売っているので、

そちらを使ってみるのも手ですよ。
ティッシュやハンカチではレンズを傷つけてしまうことがあるので気を付けましょう。

使い捨てのクリーナーを鞄に入れておけば、万が一メガネ拭きをお家に忘れてしまっても安心ですし

1枚ずつ個包装になっているので清潔に使えます。

 

まとめ

 

メガネは顔に直接触れるもので、毎日使っていると知らないうちに汚れがついてしまっています。

正しい方法でメガネを洗ってお手入れをすれば長く愛用し続ける事が出来ます。

最近メガネを拭いても汚れが取れないとお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

さてっ!

家事代行サービスにお願いをすると、時間がない自分の代わりに家事を行ってくれます。

家事代行サービスにお任せして、自分の時間を優先させるのも良いかもしれませんね。

 

予約フォーム

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - コラム, ブログ ,