*

窓から幸運が入ってくるってご存知でしょうか。

窓拭きを常に心がけて、運気をあげましょう!

 

風水では、良い運気は玄関と窓から入ってくると言われており、玄関と窓を綺麗にするとパワーがアップし、良いことが舞い込んでくると言われているそうです。

確かに、窓を拭いたあと、きらきら綺麗な窓を見ると、気分があがってきたという経験がある方は多いのではないでしょうか。
そんな良い運気を取り入れるためにも、窓拭きのコツを簡単にお伝えさせていただきます。

 

窓拭きのひとつめのコツは、スプレー容器に入っている洗剤を、直接窓に吹きかけ、窓拭きをしている方がいらっしゃいますが、それはお勧め出来ません。

なぜかと申しますと、スプレーをした際に、洗剤が垂れてしまって液ダレ跡が縦に筋になって残ってしまうことがあります。

 

うぅ~ん・・・これ、家の窓にも跡があります。

爺ちゃんが1階の窓ふきをやってくれて、窓の枠の所が洗剤の跡で縦線がついて取れなくなっています・・・

 

さらに、垂れた洗剤液がガラス枠のゴム部分に染みて、気づかずにそのまま放置することにより、ゴムの劣化やカビ発生の要因になるともいわれています。

洗剤を直接窓にスプレーするのではなく、ウエスが湿める程度に洗剤をスプレーし、そのウエスを使用して窓を拭いていくと綺麗になります。

それでも汚れが酷くて落ちない場合には、スプレーする洗剤の量を増やしてウエスを湿らせ、乾いたウエスで二度拭きで仕上げてください。

乾拭きが重要です!

ピカピカになるかならないかは乾拭きにかかっていると言っても過言ではありません!

逆に、洗剤無しの濡れた雑巾で汚れを取ってから乾拭きをするだけでも綺麗にピカピカになります。

 

次に、窓拭きで大切なことは、ガラスの拭き掃除はしても、周りのゴムパッキンやサッシの部分の掃除です。

つい忘れられがちになりますが、ゴムパッキン部分は湿ったまま放置してしまうとカビの発生やゴムの劣化が進む要因となりますので、窓ガラスの拭き掃除とセットにして掃除を行うよう心掛けてください。

ゴムパッキンの掃除ですが、ゴムパッキン自体にカビが発生していないようであれば、洗剤をつけて拭く程度で充分となりますが、カビが生えてしまった場合は、カビ除去洗剤を使用して、カビを取り除く作業から始めなければなりません。

カビは一度生えてしまうと胞子が根を張り、窓の汚れを栄養分として、どんどんと増殖・繁殖していき、ゴムパッキンの劣化はもちろん、室内にも胞子をまき散らしていくこととなりますので、こまめに拭くことがコツといえるでしょう。

 

窓のガラス、ガラス周りのパッキンの拭き掃除が終わりましたら、最後に窓のレールのサッシ部分の拭き掃除です。

こちらは、外の排気ガスや土やホコリ、髪の毛等が知らず知らずのうちにレールに溜まり、窓の開閉とともに、レール全体が汚れてしまいます。

空のペットボトルに水を入れて、レール部分に静かに水を流しいれていきます。

汚れが酷い場合は、洗剤を混ぜた水にするとさらに汚れ落ちが変わってくるかと思われます。

その後、使用済みの歯ブラシを利用してレール部分の汚れを取るように、水をバルコニー側に出していきます。

仕上げにスポンジや雑巾等で、レール部分を綺麗に拭きながら水分を取っていくと完了です。

 

この三か所を綺麗にすれば、窓から良い運気が入り、幸運が舞い込んでくることでしょう。


 - コラム