*

【意外と忘れがち】家事代行のお掃除の教科書《風呂釜編》

こんにちは、『幸せ宅配人 家事アドバイザー』の菱川です。

 

今日は「キッチン後編」と思いきやっ!

フェイントをかけてお風呂の「風呂釜編」にしてみましたぁ~

 

我が家は次男が「あれ」で「あれ」なんで抵抗力が弱っていて

清潔じゃないと感染とかしやすいので

お風呂は綺麗なお湯の一番風呂なら入って良いと言う事で

毎日次男が一番風呂に入って

私が次男の後にお風呂に入っています。

 

先日次男の後にお風呂に入ったら

湯船に細かい物がチラホラと浮いていたので

「あれ?和君治療の影響かGVHDで脱皮しとるんかなぁ?」

なんて思っていたのですが

 

次男がお風呂に入らなくてシャワーだけの日に

私が一番風呂に入ったらっ

やっぱり湯船に細かい白い物が浮いていて

「あぁ~脱皮じゃなくて風呂釜かぁ~」

「そう言えば風呂釜の掃除ずーっとしてなかったなぁ~」

と思い

次の日に早速風呂釜掃除をしました。

「ジャバ」を使って

裏に使い方が書いてあるのですが

我が家はずーっとお掃除をしていなかったので

10分追い炊きの10分つけ置きでやりました。

 

まず浴槽にお水を溜めて

残り湯でも良いのですが我が家の場合は入浴剤が入っているので

一度残り湯を流してお水を溜めました。

勿体ないですねぇ~

 

この5センチくらい上までお水を溜めて

追い炊き10分してからそのまま10分つけ置きして

そうしたら結構汚れがフワフワと浮いていました

 

10分後お湯を流してから

またお水を溜めて5分位追い炊きして5分位置いて

お湯を流したら出来上がり!

 

簡単ですねぇ~

簡単なだけに

「それで良いのか?」

と思い

試しにお風呂を沸かしてみました

そうしたらまだフワフワと汚れが出て来たので・・・

 

風呂釜のカバーを外して

これの黒いつまみを

ペンチでつまんで引き出して

このカバーを左に回して真っすぐ引くと外れます

初めての場合結構力を入れないと回らないかも知れないです。

外すとこんな感じになります。

この黒い部分に汚れがくっ付いていました。

これは掃除後なんで・・・

掃除前も写真撮っておけば良かったのですが

掃除してから「あっ!写真撮っておけば良かった」

と気付いたので、時すでに遅しです。

 

こんな感じで全部カバーを外してブラシで汚れを落として

再度お風呂を沸かしてみたら

汚れが出てこなくなりました。

 

うぅ~ん

簡単なんですけどねぇ~

書いてある通りの時間ではちょっと物足りない感じですね。

 

今度は

オキシクリーンで風呂釜掃除をしてみようと思っています。

オキシクリーンじゃなくても酸素系漂白剤ならどれでも良いですが

オキシクリーンの腕前を一度実感してみたいので

オキシクリーンを使ってみます。

 

追い炊きとつけ置きの時間も

追い炊きは40度くらいの温度になるくらいにして

お風呂の蓋をして1時間つけ置きして

つけ置きしている間に洗面器や椅子や小物も浴槽に入れて

一緒につけ置きして

風呂釜のカバーも外して洗ってみます。

 

今回のお掃除で大分汚れは取れているので

あまり汚れは出てこないかも知れないのですが

1時間置けば風呂釜の管の中まで綺麗になるでしょう

管の中までは見えないので・・・感で・・・

まぁ、徹底的にお掃除をしたと言う満足感で

綺麗になったと思える事でしょう。

 

月に1回風呂釜のお掃除をした方が良いそうですが

私は様子を見ながら、2か月に1回とかでお掃除をしておけば

見えない所で汚れがこびり着いていなくて良いと思います。

 

そうやって風呂釜のお掃除をしましたが

次男の担当の先生曰く

「ウイルス」に感染すると怖いですが

そういう菌はそれ程気にしなくても大丈夫ですよ

との事でした。

「ウイルス」=菌だと思っていましたが

根本的に違っていました。

 

風呂釜とかなりの時間向き合って格闘しましたが

次男にはそれ程影響はなかった様で

まぁ、ずーっと風呂釜のお掃除をしていなかったので

風呂釜のお掃除が出来て良かったなと言う事で

 

風呂釜って結構忘れがちな部分なので

私も完全に風呂釜の存在を忘れていました

時々風呂釜も気にしてあげると良いですね。

 

そんではっ

今から事務所に行って帳面書きをしてきます


 - ブログ