BLOG

アシストの日常

  1. HOME
  2. ご利用例
  3. 【遺品整理】空き家の片付け2日目
遺品整理、通帳、パスポート

【遺品整理】空き家の片付け2日目

遺品整理、通帳、パスポート

 

こんにちは、『幸せ宅配人 家事アドバイザー』の菱川です。

 

昨日に引き続き空き家の片付けに行って来ました。

思っていた通りやっぱり1階部分は主に生活をしていた場所なので物が多かったです。

 

キッチンは家電や調理器具や食器や調味料など沢山あるので

調味料は流して瓶とプラスチックと分別して

食器も不燃ごみの袋に全部入れて

とりあえず棚の中や引き出しの中の物を全部分別して無しにして空っぽにしました。

 

和室の洋服ダンスや押入れの中の物も全部出しながら分別して

押入れの引き出しの中から重要書類やお母様のアルバムとか出て来たので

それはお嬢様に見てもらって必要な物と要らない物に分けてもらいました。

 

着物も沢山あって、くどい様ですが一応確認して

「もう古いし留袖や喪服は家紋が違うし捨てます」

と言う事だったので全部捨てました。

 

倉庫には引き出物の食器やタオルとか毛布とか長年たまったものが沢山有って

それを全部解体して一応全部新品なのでお嬢様に見てもらって

要らない物は全部捨てました。

 

思い出があるからって残しておいても

家一軒分の物があるのできりが無いですしね

お嬢様も、「家に持って行っても置く所がないし」と言う事で

全部処分をするつもりでいらっしゃったし

結構古い物ばかりでカビの臭いがしていましたし

本当に重要なものだけ残してあとは処分しました。

 

私も母が亡くなった後に

洋服はいつも母が着ていた服は私がもらって

母の姉妹に良い服は全部持って行ってもらって

残った服は全部捨てましたが

書類関係が結構沢山あって

捨てて良いのか?捨てない方が良いのか?困った経験がありました。

 

母は昔アメリカ人と文通をしていてその手紙が大事に残っていたり

年賀状が何年分も保管されていたり

写真もフィルムと一緒に沢山保管されていて

残しておいた方が良いのか悩みましたが

もう母は居ないし、残しておいても仕方が無いので

爺ちゃんと一緒に写っている写真は爺ちゃんに渡して

私が思い出のある写真は少しだけ私がもらって

年金手帳もパスポートも、もう居ないから使う事はないし

通帳とか後々何かあるといけない物は取ってありますが

それ以外は全部捨てました。

 

今日も片づけをしながら思ったのですが

私も何歳まで生きるかわかりませんが

段々と物を減らしていかないと

残った人が後片付けが大変になるなと思いました。

 

私が居なくなってから子供たちが大変な思いをしないように

通帳と印鑑をわかる様に子供たちに伝えておいて

私の物を必要最小限まで減らして

書類関係もわかりやすくまとめて必要が無い物は捨てて

なるべく軽くしておこうと思いました。

 

食器棚の中の食器も母が居た頃は毎年お正月に親戚が集まったり

法事があると親戚が集まるので大皿が沢山ありますが

もう沢山人が集まる事は無いし、法事も食事は料理屋さんに行くし

全然使っていない大きなお皿や小分けの食器などは全部捨てようかと思っています。

 

私の代でお墓も仏壇も終いにしようと思っていて

順番に軽くしていきます。

 

こんな感じで2日かけて少し残りましたが

あとはお嬢様が少しずつやって行くと言う事で

空き家の片付け終わりました。

 

家一軒分なので物が多くて大変で

私もお仕事をしながら色々考えさせられた2日間でした。

 

ではっバイキンマン

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事