BLOG

アシストの日常

  1. HOME
  2. スタッフ料理写真集
  3. 家事代行・家政婦日記~スタッフさんの料理代行写真のご紹介
名古屋スタッフ料理

家事代行・家政婦日記~スタッフさんの料理代行写真のご紹介

名古屋スタッフ料理

こんにちは、『幸せ宅配人 家事アドバイザー』の菱川です。

 

今日はスタッフさんの料理代行の写真のご紹介だけです。

 

今回のご希望は5日間の食事作りと買い物でした。

 

ほうれん草と生で食べれるかぼちゃのサラダ

骨付き肉煮込み

きゅうり春雨酢のもの

オクラ茹で

3種のキノコとワカメの煮浸し

モロヘイヤのおひたし

大根と油揚げの炒め煮

めかじきのムニエル

キノコのワインソース

ロールキャベツフレッシュトマト入り

牛肉のパプリカと台湾野菜添え

手羽とナスの減塩味噌煮

胡瓜浅漬

 

体に優しいお野菜たっぷりのお料理

お医者様からキノコと海藻、野菜をふんだんに採り入れてと

食事の指導が有ったお客様の療養食です。

 

塩分控えめで野菜やキノコや海藻類多めのお食事って自分で作っていると

最初は頑張って作るんですが段々とやらなくなっちゃうんですよね~

 

我が家の場合は長男が潰瘍性大腸炎&腎不全のため

塩分控えめ+大腸炎用の繊維が少なくて消化の良い物

って言うとなかなか難しくて

 

最初の内はゴボウや筍とかキノコ類や海藻類や大豆もよくないらしくて繊維が残る物は控えていたのですが

そうすると使える野菜の選択肢も減って

似たようなメニューになってしまうんですよね

そう言う料理ばかりだと、子供たちも最初は受け入れて食べていましたが

その内飽きて来て文句は言わないけど

「美味しいっ!」って言って笑顔で食事をする事が無くなってしまって

つまらなそうにご飯を食べていると

段々と頑張ってお料理を作っても楽しくなくなって

次第に普通のいつものコテコテの料理に戻っちゃうんですよね

 

塩分控えめはダシや風味を工夫すれば

味が薄くても美味しくなるって学んだので

塩分控えめは続けられるのですが

食材に色々と制限が出てくると

我が家の場合長男の病気に加えて次男の移植後の食事制限もプラスされているので

難しくて・・・

もう最近は長男の食事制限は置いておいて

次男の食事制限重視で作っている感じです。

 

私の場合は療養食用の本を見ながらお料理を作っても

アレンジして子供が喜びそうな食材で

子供が喜びそうな味付けにして作っちゃうんで

本を見ながら作る意味が無くなります。

 

療養食を自分で作っていると段々といい加減になって戻ってしまいますが

料理代行とかで他の人が作ってくれたら

食事制限をしっかり守って作ってくてるので良いのかも知れないですね。

 

と、言う事で今日はこれでっバイキンマン

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事