愛知県名古屋市の家事代行アシスト/家政婦さん達が気持ちを込めて家事代行しています。

*

家事代行日記~高齢者の転倒防止対策

床の上のコンセント

こんにちは、『幸せ宅配人 家事アドバイザー』の菱川です。

 

家事代行のお仕事でご高齢のお客様のお宅にお掃除に行っていて

コンセントがお部屋の真ん中を横断していたりすると

「引っかかって転ばないかな?」と思い

なるべくコンセントを隅の方に這わせたり

コンセントがグチャグチャってなって床に有ったら

まとめて隅の方にかためておくようにしています。

 

私がお客様のお宅で掃除機がけをしている時に

ご高齢の旦那様が掃除機のコードをまたいで通ろうとして

コードに引っかからない様に気を付けながらまたいで行くので

私も旦那様が通ろうとする時はコードが邪魔にならない様に

旦那様が通るところを空けたり、コードを隅の方に除けたりして気を付けています。

 

コード位の細い物でも少し浮いていたりすると

ご高齢の方は足が上がらなかったりして引っかかって転んでしまう事が有ります。

 

マット

こういうマットとかも

滑ったりするといけないし、少し浮いていたりすると引っかかって転んでしまう事が有ります。

私は高齢者1歩手前ですが、マットとかラグとかが敷いてあると

つまづいて転びそうになる事が多々あります。

道を歩いていても何も無くてもつまづく時ありますから

段々と足が上がらなくなっているんですね。

私の場合はつまづいてオットットってなってもまだ足で踏ん張ることが出来ますが

ご高齢の方の場合踏ん張る力が弱っているので踏ん張れずに転んでしまいます。

 

お客様のお宅は結構マットや絨毯が敷いてあって

床の電気マットの上に絨毯が敷いてあったりして

その絨毯の淵がクルッと丸まっているので

いつも「このめくれている所で転ばんかな?」って心配しています。

 

玄関の段差調節用の台

玄関の段差も足が上がらないから危ないですね。

我が家も次男が脚が悪くなって高い段差を上がるのが大変そうなので

段差を無くすためにこう言う台を玄関に置いています。

台の足が安定していてしっかりしている物じゃないと台が動いて逆に危ないので

スポーツショップに踏み台運動用の台が売っていたので買って来て玄関に置いています。

 

あと、敷居とかの段差もつまづいて転ぶといけないので

敷居段差調節

大分見にくいですが・・・

こう言う敷居の段差を無くす物がホームセンターで売っていたので取り付けています。

 

ご高齢の方だと敷居の段差を無くす工事とか手すりを取り付ける工事とか

玄関の段差を無くす工事とか介護保険でしてもらえるのでしてもらって

段差を無くすといいですね。

 

ご高齢の方の転倒事故は意外と家の中で起こる事が多いそうなので

段差を無くすとかコードを通り道に這わせない様にするとか

床になるべく物を置かない様に気を付けた方が良いですね。

 

床に物を置かない様にするためにお部屋の片付けをしておいたり

やむおえず物を置く場合は生活同線の通り道じゃない所に置くようにすると良いですね。

 

あとは階段やお風呂の前などの滑りやすい所に滑り止めをつけておくとか

廊下の暗い所はライトなどで足元を明るく照らす様にすると良いですね。

 

お父様やお母様が転倒しない様に

家の中で安全に生活出来る様にお正月に実家に帰省された時に

転倒防止対策をして親孝行をしてあげてくださいな。

 

ではっ


このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ブログ