BLOG

アシストの日常

  1. HOME
  2. スタッフ料理写真集
  3. 家事代行・家政婦日記~一汁一菜

家事代行・家政婦日記~一汁一菜

こんにちは、『幸せ宅配人 家事アドバイザー』の菱川です。

 

この写真は名古屋のスタッフさんのお料理写真です。

ご高齢のお客様のお宅で作りました。

 

めばる煮付け

アスパラバター

舞茸ソテー

海老と椎茸のアヒージョ風

きゅうりとワカメの酢の物

ししとう焼き

 

野菜沢山で体に良さそうです。

 

こちらのお客様は本当は週2回料理代行に来て欲しいお客様ですが

この担当のスタッフさんはお仕事がいっぱい入っていて

既にシフトがオーバーしている位なのに

週1日何とか時間を作って、気持ちよくお仕事を引き受けてくれました。

 

このお爺ちゃんのお客様、結構甘え上手なお客様で

多分スタッフさんに

「もう1日お料理に来て欲しいけど、何とか来れんかなぁ?」

って感じでお話したんだと思います。

とっても責任感のあるスタッフさんなので

何とか時間が作れたら週2回お料理に行ってくれるそうで

無理ばかり言って申し訳なく思いつつ

本当にありがたいです。

 

責任感が有って、お客様のご要望に応えられる様に

一生懸命努力をして任せて安心なスタッフさんです。

 

我が家は最近「一汁一菜」にする様にしていて

野菜どっさりのお味噌汁と肉とか

すいとんだけとか

豚汁と魚とか

鍋だけとか

最近は暑いので汁物のかわりに

そうめんと肉とか

メインと野菜の炒め物か煮物かサラダとか

そんな感じです。

 

前は3品位作らないと何となく手抜きしてるように思えて

「母親とはっ」「女性とはっ」こうじゃないといけない

と言う結構古風な考えの所が有って

汁物とメインと煮物とサラダとか

煮物とかメインはドッサリ作っていましたが

 

次男が作りたての物じゃないといけなくて

前の日に作った残り物は食べたらいけないし

免疫抑制剤の量が減って来たら食べる量が少なくなってしまい

3番目の娘は一丁前にダイエットとかする年ごろになって

沢山作ると怒られる様になり

沢山作って残ったら残り物がどんどんたまる様になってきたので

「一汁一菜」にすることにしました。

 

一回に使うお肉の量も

昔は500ℊ位使っていましたが

今は200ℊから300ℊ位を野菜とかを入れてかさ増しして

5人で分けて食べる様にしています。

 

「一汁一菜」になって文句が出るかな?とか

つまらない顔して食べるかな?

と心配していましたが

文句も言わず満足してくれている様なので

ずーっと「一汁一菜」でいこうと思っています。

 

メインを子供が喜んで食べそうな物にしておけばOKです。

 

 

昨日の晩御飯はこれだけっ

ささ身と大葉とチーズの春巻き

もやしと人参と小松菜の炒め物

 

大葉が嫌いな子が居るので大葉無しの春巻きと

チーズが嫌いな人用のチーズ無しの春巻きと

全部入りの春巻きを

好き嫌いに合わせて作って

春巻きは揚げずにフライパンで焼きました。

 

一応春巻きがメインのつもりで作りましたが

モヤシ炒めをみんな美味しいと言って食べていました。

 

モヤシ炒めはごま油をひいて

にんにくみじん切りをいれて

豆板醤を入れてちょっとピリ辛な中華風炒めです。

 

今日はヤンニョムチキンとササゲの胡麻和えの予定です。

ヤンニョムチキンも鶏もも肉に下味をつけて片栗粉をまぶして揚げずにカリカリにフライパンで焼いて

コチジャン大2、ケチャップ大1.5、おろしにんにく、みりん大1、砂糖大1、ごま油大1、醤油少々

を混ぜて、焼いた肉にからめて出来上がりです。

キャベツの千切りかレタスを添えたら野菜も摂れます。

 

 

最近3番目と4番目の娘がヤンニョムチキンにハマっていて

ヤンニョムチキンのリクエストが多いのでよく作っています。

 

あんまり甘いと歯が痛くなるのでケチャップや砂糖の量を調節すると良いです。

ピリ辛で美味しいので作ってみてください。

 

ではっ

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事