BLOG

アシストの日常

  1. HOME
  2. コラム
  3. 家事の裏ワザ! ドアの鍵が回らないとき

家事の裏ワザ! ドアの鍵が回らないとき

お疲れ様です

昨日は津島市のリピーターのお客様にスタッフ引率があったのですが

お預かりしていた合鍵も渡し

もう4回目なので細かい説明は不要だったのですが、念のため軽く説明し

現場を離れて10数分

そのスタッフから電話がありまして

ドアの鍵が

開くことはできても締めることが出来ないとの事

ははあ、内部のシリンダーのかみ合わせが悪いんだな

と、古めのドアなんかだと比較的よく出る症状なのでピンときました

こういう場合、画像添付の潤滑剤を鍵穴に差し込んでシュッとすれば一発なんですが

あいにく想定していなかったんで持ってきておりません

持ってればすぐ引きかえしてシュッしたんですけどね

でも、そういった場合、裏ワザがあります

鉛筆の芯を削って

その粉をかぎの手にもって回す方にまぶすんです

粉がこぼれないように鍵穴に差せば、高確率で回ります

ところが

小学生ならともかく

大の大人って、鉛筆は持ち歩かないんですね

聞くと、シャープペンは持っているという

出来るかどうかわかりませんが、シャープペンの芯を削って同様にできないか指示しました

とは言ったものの、芯だとすぐ折れて難しいかな

と思いを巡らせ

下記の手順を指示してところ、昨日のところは事なきを得ました

(かぎが閉まっていない状態なので)部屋の内側からつまみを回してカギを開ける

外に出てカギを差し込んで施錠する

まあ単純な手順なんですが

外から合鍵を使ってカギを回せなくなっている状態なので

まずは、「カギを開ける」という作業を、合鍵を使わず部屋の中からする作戦です

の手順は・・・やはりだめだったという結果も想定しましたが

おそらく、「開」方向はシリンダーが回るのですが「締」方向に回っていなかった様です

まあ、結果としてはうまくいきました

もっとも、本当の応急処置なので(といいますか処置すらしていない)部屋を管理している方にその旨報告はしておきました

次回からは、鍵穴専用潤滑油は必携にします

問題は・・・

全スタッフに持たせるか、ですが

過去10年間同様の事例は、報告を受けただけですがこれがわずか2例目なんですね~

ちょっと悩むことではあります

では今日はこの辺で

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事